積立型保険で1000万円を目指す?より利回りが期待できる効果的な資産運用でより大きな資産を手にしよう!

ライフネット生命の掛け捨て型保険

あなたは生命保険に入っていますか?

そしてそれは掛捨型ですか?それとも積立型?

積立型であれば、その資産運用、正しいですか?

資産運用はどこに投資をするかで未来が大きく変わってしまいます。

 

それだけ重要なものですから、慎重になるのもわかります。

資産運用の方法が多すぎるのも、人々を悩ませるタネとなっています。

 

例えば、保険で積み立てで30年後に1000万円を目指すという選択肢をとる人は私の周りも含めてとても多いです。

やはり「元本保証型」というのが魅力的なのでしょう。しかし、外貨建を含めて積立型保険には大きな罠が隠されています。

 

今回は資産運用として積立型保険は適切なのか?

という点を中心にお伝えしていきたいと思います。

保険と言えば「掛け捨て型」と「積立型」

保険と言えば掛け捨て型と積立型の2種類がありますよね。

掛け捨て型はシンプルに本人が死亡した際に保険金が支払われるものです。

 

構造としては少しニュアンスが難しいですが早期に死亡した場合は支払った金額より大きな金額が遺族に支払われることになります。

長生きすれば長生きするほど、支払額の方が大きくなっていくというものです。(相当な期間を要しますが)

 

また、保険の種類にもよりますが、病気になっても保険プランによっては補助金が支払われます。以下はライフネット生命の掛け捨て型保険です。

死亡時や高度障害状態になった時に支払われる保険が2000万円の場合、30歳の場合は月々の保険料は僅か1886円となります。

 

ライフネット生命の掛け捨て型保険

 

掛け捨てでは、例えば30歳から60歳まで支払ってもお金は一切返ってきません。しかし、積立型は満期にこれまで支払った金額に加えて上乗せされた金額が返ってくるのです。

 

積立型保険は保険会社と保険加入者の間で「満期」を設定し、その時まで定額で支払い続けます。これを資産運用と捉え、満期まで頑張って払うぞ、という人も少なくありません。

確かに自分が死亡した時に備えて保険を掛けて、死亡しなかったらお金が多く返ってくるというと非常に魅力的に映りますよね。

 

しかし、甘い話はなかなかありません。掛け捨て型よりもはるかに支払額も高く積み立てている間は資金が拘束されてしまうというデメリットがあります。

筆者は資産運用は資産運用、保険は保険として考えるのが適切であると考えています。そのため掛け捨て型の保険を掛けていますが積立型保険はかけていません。

なぜ、積立保険を掛けていないのかという点について次の項目以降でわかりやすく解説していこうと思います。

保険の積立型はどれくらいの資産まで増やせるのか?

一言に積立型保険といっても主に二つの種類が存在します。

低解約返戻金型

低解約返戻金型では払込終了時点までに解約した場合は払込金額の約70%しか返還されない保険です。つまり700万円払い込んでいた場合、約500万円しか返還されません。

しかし、払込が終わった時から解約した場合の返戻金の金額が大きくなる仕組みとなります。

低解約返戻金型の保険

以下は三井住友海上あいおい生命の低解約返戻金型保険の払込金額と解約返戻金の推移です。(払込開始時30歳)

 

低解約返戻金の解約返戻金の推移

参照:三井住友海上あいおい生命

 

衝撃的なのが40年間経過した後に僅か103%にしかなりません。年率リターンですと僅か0.13%にしかなりません。

正直殆ど定期預金と変わらない、酷い運用リターンだと思います。資産運用の平均である5%で運用できた場合、40年後には払い込み額の約4倍になっているのです。

つまり、本来得られたリターンから保険が発生した場合の支払いをさし引いた金額が保険会社の莫大な利益になるのです。

 

従来の解約返戻金型

従来の解約返戻金型は払込金額に応じて解約した場合の返戻金も大きくなっていきます。

利回り自体は先ほどの低解約返戻金型と変わりませんが、払込終了時点で一気に返戻金が高くなるわけではありません。

従来の解約返戻金型

米ドル建積立保険でも低い利回り

私の同期を中心に人気を博していたのが外資保険が販売していた米ドル建の積立保険です。30年間積立を行い約1.2倍になって返ってきます。

 

米ドル積立保険

年間運用利回りを逆算したところ1.3%という水準になっています。日本円建ての積立保険に比べると高いですが、先ほどお伝えした通り平均的な投資リターンは5%です。

30年間積立を行なった場合、約2.3倍となります。筆者が後で紹介する年率10%で運用できた場合、約6倍にすることができます。

 

元本保証で1.2倍なので得した気持ちになりがちですが、機会損失を負っているのです。さらに当然ドル円のレートによっては当然元本割れをなるリスクも考えておきましょう。

コラム:外貨建商品を保有する保険会社が震災時の円高の火付け役!?

掛け捨て型保険と積立保険の仕組みについてお伝えしてきました。少しCoffee Breakをはさみたいと思います。

保険会社が起点となり東日本大震災の時の円高が齎されたという説をご存知でしょうか?

通常、危機が発生した時は当該国の通貨は売り込まれます。しかし、不思議なことに東日本大震災の時に大幅な円高が進行しました。2011年には東日本大震災以来売り込まれ一時ドル円は70円台になりました。

東日本大震災時のドル円レート

 

この理由について唱えられている説について解説していきます。

まず、保険会社はどのように利益を得ているのでしょう?それは上述しましたが「運用」ですね。

保険会社は死亡した時にお金を支払うと保険加入者を説得した上で毎月お金を支払ってもらいます。そのお金を大規模に集めて資産運用をしていきます。

つまり、お金を集めれば集めるほど、保険会社の資産は増え運用益も拡大していくというビジネスモデルとなるわけです。

 

保険会社にとって困ることは何になりますか?

それは多くの人が死亡してしまうことですね。

掛け捨て型の保険に入っている人にも多くのお金を払うことで、支払ってもらった金額を上回る保険金が会社から出ていくことになります。

 

これは運用資金の減少を意味します。2011年の3月に東北大地震が起こり、残念ながら多くの人がなくなりました。この際に保険会社の支払いは非常に大きかったと思います。

生命保険会社は米ドル建債券等の海外商品で大量に資産運用をしているため保険金の支払いとなった時に海外資産を取り崩す必要がでてくるのです。

 

そして保険会社が被保険者に支払うためには円が必要になるので、取り崩したことで発生した外貨を日本円に変換する必要があります。つまり外貨売り、円買いが発生するわけですね。

このことを知っている投資銀行やヘッジファンドなども流れに乗ってとにかく円を買うことに走ることになるのです。結果的に震災が起きているのに円高が進行していったと考える人も少なからずいるのです。

保険会社が運用する資産は莫大なので為替市場にも影響を与えるということは豆知識として押さえておくと面白いのではないでしょうか。

 

保険は保険!10%程度の運用利回りを狙って大きな資産を構築しよう!

保険積み立てで運用するには時間も掛かりますしリターンも小さいことをお伝えしてきました。確かに積立型の方が掛け捨て型よりもプランの内容にメリットがある場合も少なくありません。

万事に備えるという意識は理解できますが、本当にそこまで民間の保険会社に頼る必要があるのでしょうか?

年金も調べてみれば病気になった時や障害を持った時の補助が非常に手厚いのです。

 

生命保険で高いプランに入っている方の特徴として国が出している保護にあまりにも無頓着すぎるのではないか?ということです。

私も実際に掛け捨て型の保険には加入していますが、残りの資金は全て高いリターンを見込める資産運用を選んでいます。

現在、保険会社のプランすら必要のない資産を築けてきています。

 

保険会社の積立型に入ってしまうと資金拘束が長く、満期まで引き出せない場合や高い違約金が必要となってしまうことが多々あります。

であれば、1000万円程度までは頑張って貯金して資産運用を行う方が余程合理的なのです。あくまで保険は保険としての機能のみを活用した方がよいのです。

 

→ 【2020年初心者必見】1000万円を資産運用する際におすすめの投資先を利回り毎にリスクを含めてわかりやすく紹介!

 

1000万円の資産があれば富裕層しか投資できない特別な投資先も検討することができるのです。筆者が投資しているヘッジファンドは1000万円から出資を受け付けています。

筆者が投資しているBMキャピタルは毎年10%程度の利回りを過去設立以来7年間1度も損失をだすことなく運用しています。今回のコロナショックも無傷でした。

 

→ 【一投資家目線!】BMキャピタルってどんなヘッジファンドなのか?形態や運用手法・成績を踏まえて詳しく解説する!

 

しかしここまで辿り着ける人は日本の金融教育が未熟であることを考えると、非常に少ないのかもしれません。私がこのブログを解説した理由にもなりますが日本の資産運用のリテラシーを高めたいと思っています。

 

しかし、日々忙しい会社員には厳しい面もあります。本来は金融は会社に入る前に学んでおかなければならない科目なのです。

このような時に一番おすすめなのが「資産運用は徹底的にプロに任せる」ということです。以下の記事では私が運用をお願いしているヘッジファンドを含めてランキング形式で紹介していますので参考にしていただければと思います。

 

→ 【2020年・安定ハイリターン】暴落にも強い、日本のおすすめヘッジファンドをランキング形式で紹介!

 

老後に向けて、着実に資産を運用し、自分の金融リテラシーもどんどん向上させていきましょう。

おすすめ投資先ファンド -BEST 3-

2020年から投資先としておすすめできるファンドを収益性・安定性・将来性の観点から、ランキング形式で紹介しています!

参考にして頂ければと思います!

2020年最新ファンドランキング

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

日米英の金融資産の分布

大口定期預金にメリットはある?各種銀行優遇金利を比較しながら1000万円をどこに...

NO IMAGE

金融資産が1億円〜2億円あったらリタイアは可能?夢のアーリーリタイアの実現性につ...

銀行のトレーダーが有利な理由

【元為替トレーダー目線】まとまったお金をFXで運用するのは危険!?1000万円あ...

NO IMAGE

宝くじで大金があたったら破産しないために投資をしよう?資産運用で当選金を増やすた...

本多静六氏

本多静六氏の「私の財産告白」から資産を形成する基本「給料天引き貯金法」の有効性を...

NO IMAGE

国債への投資は儲かるの?「日本」「米国」「新興国」の国債を取り上げてリスクと共に...