【ブログ更新!】評判の投資信託である「農林中金<パートナーズ>長期厳選投資おおぶね」を徹底評価!

投資の世界もグローバル化が進んでいるということもあり、日本以外の株式への投資に興味を持つ方も年々増えてきています。

そんな中、農林中金から米国に上場している企業への長期投資を行うファンドとして「農林中金<パートナーズ>長期厳選投資おおぶね」(以後:おおぶね)が評判を集めています。

本日は投資信託「おおぶね」についてファンドの内容や、成績を含めて評価していきたいと思います。

農林中金の「おおぶね」はどんな投資信託?

まず、農林中金が投資信託を運用??

と疑問に思われた方がいらっしゃると思いますが、農林中金は莫大な資金で事業として投資を行なっている機関投資家としての側面が強い会社なのです。

それでは、農林中金が運用している「おおぶね」の実態について紐解いていきたいと思います。

「おおぶね」の投資対象は米国株

「おおぶね」が投資対象としているのは米国の上場企業です。

その中で銘柄を厳選して市場平均よりプラスのリターンを狙うアクティブ型の投資信託です。以下が目論見書の内容です。

 

1.圧倒的な競争力を有する企業への長期厳選投資により投資信託財産の中長期的成長を目指す アクティブファンドです。

2.米国の上場株式を主要投資対象とします。

3.徹底した深い海外企業調査を通じて、1付加価値の高い産業、2圧倒的な競争優位性、3長期的な潮流の3つの基準を満たす「構造的に強靭な企業®」に長期厳選投資を行います。

4.組入外貨建資産については、原則として為替変動リスクを回避するための為替ヘッジは行いません。

参照:農林中金アセットマネジメント

 

米国株は短期的には暴落を幾度となく経験していますが、長期的には右肩上がりに上昇してきています。

以下は過去200年の米国の代表的な指数であるS&P500指数の値動きです。世界大恐慌の時に大きな打撃を受けていますが、長期的には右肩上がりですね。

 

S&P500指数の過去150年の推移

 

「おおぶね」の構成上位銘柄

では実際に「おおぶね」はどのような銘柄に投資しているのでしょうか?

2020年9末時点での構成上位銘柄をご覧ください。

銘柄名 業種 構成比率
Walt Disney コミュニケーション
サービス
7.6%
VISA 情報技術 6.5%
TEXAS
Instruments
情報技術 6.3%
BECTON ヘルスケア 6.3%
3M 資本財 6.1%
NIKE 一般消費財 4.7%
COSTCO 生活必需品 4.5%
SHERWIN 素材 4.5%
MCCORMICK 生活必需品 4.5%

 

組み入れ銘柄は全部で26銘柄とファンドの中では集中投資をしており、上位10銘柄で51%を占めています。つまり過度に特定の銘柄に偏った投資を行なっていないということが言えませすね。

今の米国株はハイテクの時代ですが以下の通り資本財が多くを占めているのは筆者としては疑問視しています。

おおぶねの業種別組み入れ比率

「おおぶね」の手数料

「おおぶね」は売買手数料が2.2%(税込)で信託報酬は年率0.99%(税込)となります。

アクティブ型の投資信託の中では比較的低い信託報酬率となります。

 

「おおぶね」の成績とは?

では肝心の「おおぶね」の成績について見ていきましょう。

「おおぶね」単体の成績

まずは「おおぶね」単体の成績について確認していきましょう。2017年7月の運用開始以降基準価格は3年で1.4倍に成長しています。

おおふねのリターン

参照:農林中金

 

分配金再投資ベースというのは、分配金を拠出しなかった場合の基準価格です。実際には以下の通り年率0.5%-0.7%の分配金を拠出しています。

 

決算日 分配金
2018/6/20 50円
2019/6/20 70円
2020/6/20 90円
合計分配金 210円

 

配当金が拠出されると20%の税金が自動的に課されるので、再投資する際には拠出された配当金より低い金額となります。

上記の配当金再投資ベースの数値は、税金を差し引かれる前のベースで計算されています。そのため、実際は緑と青の間の成績となります。

 

米国株指数と比べて成績は優秀?

以下は「おおぶね」と他の米国株指数のパフォーマンスの比較です。

青:おおぶね
NYダウ:古参の大型30銘柄の平均株価指数
S&P500:S&P者が選ぶ500銘柄の時価総額加重平均指数
ナスダック:ハイテク銘柄を多く含むナスダック市場上場の時価総額加重平均指数

おおぶねの成績を米国株指数と比較

ダウ平均やS&P500指数をオーバーオパフォームしており、アクティブ型投資信託としては面目躍如といったところですね。

今年はコロナ以降完全にハイテクの時代が到来しておりドットコムバブルの再来のような形となっています。

流石にナスダックに勝っていないのは致し方ありませんが、今のポートフォリオを見るとハイテク比率が少ないことは気がかりといえますね。

 

「おおぶね」は指数には勝っているものの、殆ど指数と同様の動きをしており株式市場が暴落する時は暴落するという性質を持っています。

また、確かに指数をオーバーパフォームしているとはいえ、殆ど同様の成績となっていることから、敢えて手数料を払って投資する妙味はあるのか?

と問われれば筆者としては微妙ですね。

まとめ

「おおぶね」は米国の厳選銘柄に投資して長期的な資産形成を狙うアクティブ型の投資信託です。

手数料はアクティブ型投信の中では比較的安く、成績もダウ平均やS&P500指数をオーバーパフォームしておりアクティブ型投信として面目は保っています。

とはいえ、僅かなオーバーパフォームであることと、株式市場暴落局面では暴落する性質があり投資家としては敢えて「おおぶね」を選択するインセンティブは乏しいかなと考えています。

暴落に強く安定的に資産を形成していく長期投資向けファンドについては以下ランキング形式で纏めていますので参考にしていただければと思います。

おすすめ投資先ファンド -BEST 3-

2020年から投資先としておすすめできるファンドを収益性・安定性・将来性の観点から、ランキング形式で紹介しています!

参考にして頂ければと思います!

2020年最新ファンドランキング

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

【ブログ更新】評判の「たわらノーロード先進国株式」を徹底評価!リターンや手数料を...

コモンズ30ファンドと独立系投信の比較

コモンズ投信のコモンズ30ファンドは評判通りのファンドなの?成績や手数料を含めて...

「いい会社」に投資で評判の鎌倉投信「結い2101」を徹底評価!「ひふみ投信」等の...

買付上位で評判の楽天日本株4.3倍ブルや楽天日本株3.8倍ベアは大損する可能性が...

売れ筋投信の毎月分配型投信の比率

投資信託の失敗談の典型!?金融庁も危ないと指摘する毎月分配型投信の罠についてわか...

評判の世界経済インデックスファンドはおすすめできる?株式シフト型を含めて徹底評価...