【お金の学校】評判の『Global Financial School』(GFS)とは!?お金の本質を学び金融リテラシーを高めよう。

【お金の学校】評判の『Global Financial School』(GFS)を紐解く!お金の本質を学び金融リテラシーを高めよう。

こんにちは!ワタルです!

給料があがらず、度重なる増税によって人々が使えるお金である可処分所得は現象の一途を辿っています。

一向に豊かにならないので、閉塞感が漂っていますが金融リテラシーを身につけることにより、給与収入は増えなくても資産を増やすことは可能です。

本日は日本人の金融リテラシー向上のために実業家や投資家、金融の専門家によって立ち上げられた『お金の学校』である、

Global Financial School (通称:GFS) について、実際にGFSが提供している無料講座(お金の達人入門講座)に参加していまいりましたので、

GFSについて、どのようなスクールなのか?おすすめできるのか?

という点について、お伝えしていきたいと思います。

Global Financial Schoolは誰によって運営されている?

大学受験でも、どの講師から学ぶかが非常に重要なのと同じで、『お金に関する知識』も誰から学ぶかが一番重要ですよね。

むしろ、ダイレクトに自分の将来の資産額に関わってくる知識だからこそ、しっかりと信用できる人から学ぶべきであると考えています。

GFSは20社以上を運営する実業家でもあり17歳から初めて20年以上の投資歴を誇る現役の投資家の方が代表として運営されています。(あえてここでは伏せておきます)

 

GFS代表は元々テレビ局の報道記者としてテレビで活躍していたことや、テレビ番組で芸能人に資産運用やビジネスについて教え

大学にも講師として招かれ講義をしているということもあり、

実業家・投資家だけでなく講師としての資質も十分で、難しいこともわかりやすく伝えることが非常に上手いです。

そしてやはり、報道記者としての経験が非常に重要で、

通常の知識だけではなく投資家として自分の足でとってきた『一次情報』も伝えてくれるので、

本やネットに書いてある、ありきたりな知識だけに留まらないのが最大の魅力となっています。

GFS公式ページへ

何故GFSは運営を開始したのか?

もっと深い思いがあるのでしょうが、私がセミナーに参加した時に聞いた内容ですと主に三つあるとのことです。

投資詐欺または悪質な投資商品で大切なお金を失う人を救いたい

GFS代表は普段から資産運用コンサルを芸能人や個人の富裕層の方々に対してもおこなっているらしいのですが、

投資詐欺で騙されてしまったという相談や、金融機関の勧められるがままに投資信託を購入し大きく資産を失ってしまった。

という相談を頻繁に受けるみたいで、GFS代表の堪忍袋の緒が切れたみたいで、

投資詐欺にあう人を救いたいという思いが根底にありGFSを立ち上げる原動力となったそうです。

確かに私も質の悪い投信を購入してしまっている祖父母を見て、金融機関の営業員に怒りを覚えた経験はあるので、

非常にGFS代表の気持ちはよくわかります。

日本の金融商品の質を引き上げたい

一つ目と重なるのですが、日本の金融リテラシーを高めることによって、

逆に質の悪い投信などに誰も見向きしなくなるので、

日本から質の悪い金融商品が一掃されることになります。

現在の日本の金融機関が取り扱っている金融商品は世界標準からみると、

非常に質の悪いものばかりとなっております。

当然、組成・販売者側に問題があるのですが、

投資家側がしっかりと見る目をつけて是正していくことに一役買おうとしているのです。

日本人の預金を呼び起こし財政問題の解決の一翼を担いたい

日本人の資産残高は1800兆円もありますが、そのうち現預金は半分以上の900兆円となっています。

日本の家計資産の推移
(引用:日銀『資金循環統計』)

米国では15%程度であることを考えると、日本人は異常なレベルの預金を口座に現金で眠らせているのです。

仮にこの眠っている900兆円を10%で運用することによって90兆円もの資金を捻出することが出来ます。

この90兆円というのは国家の歳出そのものです。

日本人の家計資産が政府の借金を上回り続けている限りにおいては、財政破綻懸念のインフレは発生しにくいので、

財政問題の解決のためにも国民の預金に働いてもらう必要があるのです。

こんにちは!ワタルです! 近年よく耳にするハイパーインフレですが、そもそもハイパーインフレとは何なのか?何故おこるのか? 有名なのが...

GFSを通じて金融リテラシーをみにつけしっかりと資産を運用していく力を養うことを目標としています。

GFSは今後永久的にコンテンツを増やし続け、100万人の会員を目指しているのであながち夢物語ではなさそうですね。

ちなみにGFS代表の知名度と人気で2019年1月に開始した瞬間に既に1000人のスクール生という規模になっていましたので、

今は何倍にも既になっていることと思われます。

コラム:日本人の可処分所得の減少度合いは深刻

サラリーマンとして給料を天引きされていると、なかなか気づかないのですが年々税率は高くなっており、

最終的に使えるお金である可処分所得は常に減少傾向なのです。

以下は各年収の2011年からの各所得の2020年時点での可処分所得の減少率ですが、軒並み8%-9%の可処分所得ダウンとなっています。

(引用:大和総研)

日本企業は給与をあげませんし今後も税金は上昇の一途なので、

金融リテラシーを身につけて自分自身で資産を作っていく時代が到来しているということですね。

資産運用の必要性を徹底解説!減少する所得収入、増える資産
皆さんこんにちは! そういえば、2018年初頭は大雪で大変でしたね。 一つ一つの雪の結晶が、積もってこんな積雪をもたらす。 ま...

GFSの提供するもの

金融リテラシーとは金融・経済などのお金まわりの知識の教養を身につけるだけでなく、

保険の選び方、ローンか持ち家か、何に投資するかの判断、といったような自分で投資判断を下せる能力までを指します。

GFSでは知識はもちろん、投資に対する考え方、投資商品の選び方まで幅広く対象としています。

GFSでは以下のことができるようになることを約束しています。

Global Financial Schoolが約束すること

現在GFSが提供している講義数は100時間を既に超えており今後も拡充をつづけ1000時間以上となることを目指しています。

私も覚えてる範囲でしかないので、詳しくは無料の入門編『お金の達人入門講座』に参加して確認してみるとよいでしょう。

GFSの価格

Global Financial Schoolは年会費などはかからず、入会金の一回ぽっきりです。

しかし、価格は公表されていません。

これは価格にも投資のエッセンスを混ぜ込んでいるからで、価格は常に変動するものであるとの考え方に基づいています。

私が好きな株式投資でも常に株価は変動し続けますからね。

株価と企業の理論株価である価値は常に一致しませんが、長期的には連動します。

 

先ほど申し上げた通り、GFSは2019年に運営を開始したばかりで今後更にコンテンツが上昇し、価値そのものが上昇してきます。

つまり時間の経過とともにGFSの価格も上昇していくのです。

つまり、できる限り早い時点で入会することで安い価格で40年間講義を視聴することができるのです。

2019年4月時点でははっきりしたことは申し上げられないのですが、例えば他のフィナンシャルアカデミー等よりも圧倒的に安く、

中学生の塾の年間費用くらいの費用という破格の価格で受けることが出来ます。

GFSは価値に対する割安度もNo.1を掲げていますからね。

見る限り相当なコストをかけて作り込んでいるので、運営としては損益ぎりぎりの水準なのではないかなと思います。

GFSを無料の『お金の達人入門講座』で体験しよう!

GFSの魅力はわかっても、いきなり入会することはリスクですし、

むしろGFS側もしっかり知ってもらった上で学んで欲しいので、

GFSの試食会として『お金の達人入門講座』でGFSの雰囲気を体験してもらい、

更に現在の価格=時価を伝えて皆さんに投資判断を仰ぐという形を取っています。

体験の『お金の達人入門講座』は私も参加しましたが、入門なのに内容は示唆に富んでおり面白かったです。

どうせ無料ですので体験してから考えてみてはいかがでしょうか?

特にセミナーでも勧誘などはなく、不快な思いもしませんでした。

▶︎▶︎▶︎GFS公式ページ内に申し込みページがあります

 

おすすめ投資先ファンド -BEST 3-

2019年から投資先としておすすめできるファンドを収益性・安定性・将来性の観点から、ランキング形式で紹介しています!

参考にして頂ければと思います! ☟クリック

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

預金しておくのはもったいない!退職金を運用プランと投資先を紹介

預金しておくのはもったいない!退職金を運用プランと投資先を紹介。インフレによる資...

ハイリスクハイリターン投資よりローリスクミドルリターン投資のすすめ

人生を通じて見込まれる収入(労働収入~年金)についての考察・余裕ある自由な生活を...

仮想通貨でまとまった資金が出来た方におすすめの投資先と資産運用法

仮想通貨でまとまった資金が出来た方におすすめの投資先と資産運用法

投資・資産運用10種類を徹底比較!リスク・リターン別に長期的に大きな資産を築く投...

日経平均株価とドル円の為替レートが連動する理由をわかりやすく解説!