日興アセットマネジメントが運用する評判の「グローバル・ロボティクス株式ファンド」は魅力的な投資信託なのか?見通しを含めて徹底評価!

VGTとQQQろグローバルロボティクス株式ファンドとの比較

昨今、米国をはじめとしたハイテク企業が盛り上がりを見せています。日本の投資信託の中にもロボティクス関連銘柄に投資をする投資信託が存在しています。

それが日興アセットマネジメントが運用する「グローバル・ロボティクス株式ファンド」が代表的ですね。

本日はグローバル・ロボティクス株式ファンドがどのようなファンドなのか?

グローバル・ロボティクス株式ファンドの成績と見通しについてお伝えしていきます。

 

グローバル・ロボティクス株式ファンドとは?

まずはグローバル・ロボティクス株式ファンドがどのようなファンドなのかという点についてお伝えしていきたいと思います。

投資対象はロボティクス関連企業

グローバル・ロボティクス株式ファンドは名前の通りロボティクス関連企業の株式を中心に投資を行います。

具体的にはAI関連企業やIoT関連企業への投資を実施します。ロボティクス産業は今後も需要拡大は必至であり、魅力的な投資対象ということができます。

 

IoTとAiの産業の概要

IoTもAIも言わずもがなですが市場規模は今後も年々急拡大していきます。

投資しているセクターは以下の通りとなります。

セクター 構成比率
情報技術 49.9%
資本財・サービス 29.6%
ヘルスケア 9.2%
コミュニケーション・サービス 6.4%
一般消費財・サービス 4.9%

 

銘柄選定はラザード社が行う

銘柄選定は日興アセットマネジメント社が米国のラザード社に委託して運用を行なってもらっています。

ラザード社はニューヨークを拠点とする資産運用会社で1970年から運用を開始しています。機関投資家や公的年金などを主な顧客としており、信頼ができる資産運用会社と言えますね。

ただ、問題なのは後で解説しますが委託しているので手数料が高くなってしまいます。

国別投資比率は日米で7割

国別の構成比率は以下の通りとなります。日米で約7割を占めるにいたっています。

 

比率
米国 47.2%
日本 29.0%
フランス 5.1%
ドイツ 4.3%
スイス 4.0%
スウェーデン 2.9%
オランダ 2.0%
韓国 1.7%
アイルランド 1.3%
ジャージー 0.8%

 

ただ、正直米国の比率が低いというのが懸念されます。

ハイテクを牽引しているのは間違いなく米国であるほかの国は太刀打ちできません。比率として7割近くを組み入れてもよいのではないかと考えています。

 

構成上位10銘柄

グローバル・ロボティクス株式ファンドの構成上位10銘柄は以下となっています。

銘柄 比率
キーエンス
情報技術
日本 4.5%
アルファベット(グーグル)
コミュニケーション
サービス
米国 4.1%
シュナイダーエレクトリック
資本財・サービス
フランス 4.1%
ABB
資本財・サービス
スイス 4.0%
ダイフク
資本財・サービス
日本 3.9%
インテューティブ
ヘルスケア
米国 3.8%
ヘキサゴン
情報技術
スウェーデン 2.9%
ロックウェル
資本財・サービス
米国 2.9%
エヌビディア
情報技術
米国 2.7%
安川電機
資本財・サービス
日本 2.6%

 

第一位のキーエンスは世界的なFAセンサー・制御機器メーカーです。

世界的なFAセンサ・制御機器メーカー(ファブレス)。生産現場の生産性向上・品質向上・工程改善・自動化のための各種センサ、自動制御機器、計測機器、画像処理機器、顕微鏡、電子応用機器、安全機器の製造販売。主力の産業用センサや測定器はFA産業界を牽引。研究開発型企業(売上高の約30%が新製品・そのうち50%以上は業界初商品)、超優良企業(平均成長率10%超:20年、営業利益率40%超)として有名。

 

キーエンスの株価は以下の通り堅調に上昇しています。

 

キーエンスの株価推移

また、2位のグーグルは言わずもがなGAFAMの一角をなす超巨大テクノロジー企業です。検索エンジンが有名ですが、ベンチャー事業を手がける子会社でAIやロボット、自動運転事業などを展開しています。

 

購入手数料と信託手数料は高額

グローバル・ロボティクス株式ファンドは以下の購入手数料と信託手数料となっています。

 

購入手数料:3.85% (税込)
信託手数料:1.936%(税込)

 

初年度は5.78%、その後2%ずつ手数料がたとえマイナスリターンでも徴収されるのは手痛いですね。

→ ヘッジファンドの成功報酬型手数料体系を投資信託と比較しながらわかりやすく解説する!ハイウォーターマークとは?

→ 投資信託は儲かるって本当!?大損しないための投信の選び方を含めてわかりやすく解説する!

 

グローバル・ロボティクス株式ファンドの成績とは?

それでは肝心なグローバル・株式ファンドの成績について見ていきましょう。

グローバル・ロボティクス株式ファンド単体の成績

以下はグローバル・ロボティクス株式ファンドの設定来のチャートです。

グローバル・ロボティクス株式ファンドの成績
2020年8末時点 3ヶ月 6ヶ月 1年 3年 設定来
2015年9月
リターン 13.00% 18.98% 31.35% 38.84% 81.23%

 

全世界株式や日経平均と比較

以下はグローバル・ロボティクス株式ファンドeMAXIS Slim全世界株式ファンドの比較です。

全世界株とグローバル・ロボティクス株式ファンドの比較

特にコロナショックが顕著ですが、ハイテクが堅調に推移したことにより全世界の平均的な株式をアウトパフォームしていますね。

 

ハイテクETF「QQQ」や「VGT」と比較する

グローバル・ロボティクス株式ファンドがハイテク投信として優秀なのかを判断するためにはハイテクETFと比較する必要があります。以下は、ハイテクETFとの比較です。

グローバルロボティクス株式ファンド
QQQ(ナスダックの上位100銘柄)
VGT(米国情報セクターETF)

VGTとQQQろグローバルロボティクス株式ファンドとの比較

グローバル・ロボティクス株式ファンドはQQQやVGTにたいしてはb大きく劣後した成績になってしまっていますね。

ハイテク型の投資信託という意味では決して優秀とはいえなしでしょう。

グローバル・ロボティクス株式ファンドの今後の見通し

グローバル・ロボティクス株式ファンドが投資している分野は今一番有望なセクターです。以下はIoT市場規模の予測です。今後も毎年飛躍的に成長しているのがわかります。

IoTの市場規模の推移

また、AI産業の市場規模の予測ですが、こちらも急拡大しています。

 

AIの市場規模の予測

長期的に成長していくのは確実なのですが、わかりやすく魅力的なので直近では割高感が高まり調整地合いとなっています。

今後も一本調子で上昇が続くとは考えない方がよいでしょう。既にハイテクが中心に組み込まれているナスダックは天井圏にあります。

ここからハイテクに現局面で買いに向かうのは一旦控えた方がよいでしょう。

 

ナスダック株価指数の推移

まとめ

グローバル・ロボティクス株式ファンドは旬のハイテク銘柄に投資をしている投資信託です。

全世界株に対してはアウトパフォームしていますが、他のハイテクETFに対しては劣後した成績となってしまっています。また手数料がアクティブ型投信の中でも高い水準になっており敢えて投資する妙味はないといえるでしょう。

また、ハイテクセクターは長期的には魅力的ですが、今現状では株価が高騰しきってしまっているため、大幅な調整も予想されます。長期的な資産形成を行う上ではあまりおすすめできません。

以下、筆者が実際に投資しているファンドを含めて魅力的なファンドをランキング形式でお伝えしていますので参考にしていただければと思います。

おすすめ投資先ファンド -BEST 3-

2020年から投資先としておすすめできるファンドを収益性・安定性・将来性の観点から、ランキング形式で紹介しています!

参考にして頂ければと思います!

2020年最新ファンドランキング

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

【ブログ更新!】評判の投資信託である「農林中金<パートナーズ>長期厳選投資おおぶ...

【セゾン投信】全世界の株式市場に投資できる評判の投資信託「セゾン資産形成の達人フ...

楽天日本株4.3倍ブルと日経平均の値動きの比較

株式投資初心者にレバレッジ投資信託はおすすめできない!長期投資に不向きな理由をわ...

NO IMAGE

【ブログ更新】評判の「たわらノーロード先進国株式」を徹底評価!リターンや手数料を...

投資ソムリエの2020年8末時点でのポートフォリオ

世界の各資産への分散投資で評判の「投資のソムリエ」を徹底評価!評判の投資信託の今...

【ゼウス投信】投資信託「新光US-REITオープン」は高分配利回りだが長期投資に...