【今買うべき投資信託とは?】2020年のコロナショックを経て「一番儲かるファンド」を東大卒の投資家目線で分析する!

投資を始めることにしたけど、何に投資したらよいか分からない。

取り敢えず、金融のプロが勧めてくれる投資信託から始めようと考えている方も多いのではないでしょうか?

 

しかし、一言に投資信託といっても2500以上の種類があり何に投資していいか分からないというのが現状でしょう。

金融機関が勧めてくる投資信託については注意しなければいけないという点については前回詳しく解説しました。

→ 投資信託は儲かるって本当!?大損しないための投信の選び方を含めてわかりやすく解説する!

 

では結局、どのような投資信託が良いのでしょうか?

本日は「今買うべき投資信託」はどれなのか?

という視点にたって相場整理を行った上で、お伝えしていきたいと思います。

 

2020年の相場を振り返る

2020年は年初から波乱の幕開けでした。

コロナショックが世界同時株安が進行し、米国株が年初来40%近く、日経平均が年初来で30%近く下落しました。しかし、その後急激に9割型株価は戻して推移しています。

 

2020年の年初来の日経平均株価の推移

米国をはじめとして日本や欧州の先進各国が、財政支出と金融緩和を協調的に行いました。結果として資金が市場にじゃぶじゃぶに溢れて株や金といった資産に資金が向かったのです。

日銀が3月に緊急でETFの買い増しを行うことを発表して株価の下落が止まったのは記憶に新しいですね。

 

相場の回復を牽引したのはグロース株

株式相場は底値から急激に回復しましたが、強い株と弱い株で明暗がくっきり分かれました。分かりやすい例だとグロース株とバリュー株の比較が挙げられます。

→ バリュー株(割安株)投資とグロース株(成長株)投資の違いとは?両者を比較しながらわかりやすく解説する!

データで見るグロース株の力強い回復

以下はTOPIXのグロース株とバリュー株の比較です。

紫:TOPIX Growth指数
青:TOPIX Value指数

 

TOPIXのグロース株とバリュー株の比較

圧倒的にグロース株がバリュー株を上回っていることが分かります。グロース株が強いのは日本だけではありません。

以下は米国のダウ平均株価とナスダック総合指数の推移です。ハイテクグロース株の比率が高いナスダックが伝統的な銘柄群であるダウ平均株価を大幅に凌駕していることが分かります。

 

ダウ平均株価とナスダックの比較

世界的にグロース株が相場の回復を牽引してきたのです。

グロース株が強い理由①:ニューノーマルな生活様式

まず要因の一つ目として挙げられるのは、ニューノーマルな生活様式です。

リモートワークが推進され、テレビ会議や宅配サービス、ECなどの企業群は業績が急騰することを見込んで買いが入りました。

 

一番分かりやすい例だとアマゾンやZOOM、ネットフリックスなどが挙げられますね。

これらの銘柄はコロナショックによってむしろ恩恵を得られる業態なので、当然株価も上昇していきました。

 

一方、ダイレクトに影響を受ける航空産業やレジェー産業、小売産業は壊滅的な打撃を受けていますね。

グロース株が強い理由②:低金利環境

更に重要なのが低金利環境の継続です。今回のコロナショックをうけて元々日本は長期金利も0近傍でしたが、米国の10年債金利も沈み込みました。

 

米10年債金利の推移

グロース株が低金利環境環境で有利な理由は二つあります。

一つは成長投資のために行う借入金の金利を低く抑えることができる点です。支払い金利は将来の収益を圧迫するので、支払い金利が低いのはグロース株にとっては追い風ですね。

 

二つ目は将来生み出すキャッシュの割引現在価値が高くなることが挙げられます。

企業の価値というのは将来企業が生み出す利益を現在の価値に割りもどして合計した金額と考えることもできます。

金利が高いと将来生み出すキャッシュの現在の価値は小さくなります(後述)。一方、金利が低いと将来生み出すキャッシュの現在価値は大きくなります。

 

結果的にグロース株の現在の価値が低金利によって押し上げられ株価が上昇しているという背景があるのです。

コラム:将来生み出すキャッシュフローの割引現在価値について

先ほどの議論について何をいっているのか分からないと混乱した方もいると思います。

経済学部でファイナンスをかじったことがある方には当然の議論ですが、あまり一般的な考えではありませんからね。

 

まず基本的なことですが、現在100万円貰うのと、1年後に100万円貰うのはどちらが嬉しいでしょうか?(今生活に困窮しているわけではないとします。)

答えは現在100万円貰うことです。理由は簡単で債券投資などで安全に100万円を少しでも増やすことができるからです。

例えば金利が1%だとすると、現在の100万円は1年後の101万円の価値があるのです。言い換えると、1年後の100万円は現在の99万99円ということになるのです。

 

では今後5年間、毎年1億円のキャッシュを生み出す企業の割引現在価値を金利が10%の場合と1%の場合で算出してみた表が以下です。

 

1年末
現在
価値
2年末
現在
価値
3年末
現在
価値
4年末
現在
価値
5年末
現在
価値
金利10% 90.90 82.64 75.13 68.30 62.09 379.06
金利
1%
99.00 98.03 97.06 96.09 95.14 485.32

 

生み出すキャッシュは同じでも金利が低いと企業の価値は高くなるのです。特に収益が右肩あがりにのびるようなグロース銘柄のバリュエーションが高くなるのは当然の結果といえますね。

 

今後はバリュー株の相場に回帰すると予想

今までは絵に描いたようなグロース株相場でした。しかし、今後はバリュー株が相対的に強い動きをすると想定しています。

グロース株の上昇も臨界点にきている?

以下はバリュー株指数をグロース株指数で割ったチャートです。下にいくほどグロース株が強く、上に行くほどバリュー株が強い相場ということになります。

グロース株とバリュー株の比較

2年間のチャートだとグロース株が顕著にアウトパフォームしていますが、直近は反発しています。

既に金利は日米ともに下限に到達していることと、グロース株の株価が高くなりすぎているのが原因です。

 

先ほどお伝えした通り、日本の金利は既に長期でも0%近傍で、米国の長期金利も1%未満という水準です。ここからの一段の低下は難しく、むしろ上昇リスクの方が高いです。

2020年8月現在、コロナの二波が猛威を振るっており、まだ金利は下限に押さえ込まれています。

 

しかし、死者数は3月の第一波に比べると日米ともに少なく抑えられています。

 

【米国のコロナ死者数】

米国のコロナ死者数

 

【日本のコロナ死者数】

日本のコロナ死者数

今後、コロナのワクチン開発状況の進展や、死者数がさらなる低下傾向となることが鮮明となった時に金利水準が上昇することは十分に考えられます。

コロナ収束の兆しが見えることで、金融相場が終焉して今まで上がりすぎていたグロース株からバリュー株への回帰が起こると考えています。

 

長期的にはバリュー株がグロース株を凌駕

以下は野村證券のデータですが、長期的にバリュー株(赤)グロース株(灰)を凌駕する成績を収めています。

 

バリュー株とグロース株の長期リターン

現在の局所的なグロース株の強気相場は永遠に続くものではなく、今後はバリュー株相場へと回帰していくのが自然の成り行きであると考えます。

長期的にリターンを出してきた伝説の投資家「バフェット」や彼の師である「グレアム」もバリュー株投資家ですからね。

 

今買うべき投資信託とは?真のバリュー株ファンドは存在する?

では今から買うべき投資信託はあるのでしょうか?

結論からいうと「投資信託」という括りでは適したものは存在しません。

バリュー株投資信託の弱点

以下は楽天証券の国内バリュー株投信の人気ランキングです。

楽天証券の人気バリュー株 

ひふみプラスは「ひふみ投信」が證券会社に卸している投資信託です。

以下は過去3年のひふみプラスと日経平均株価の推移ですが、殆ど同じリターンとなっていることが読み取れます。日経平均に配当金が加味されていないことを考えると、日経平均にも劣後していることがわかります。

 

青:ひふみ投信
赤:日経平均株価

 

ひふいプラスと日経平均株価の値動き

ひふみ投信はカンブリア宮殿で有名になりすぎて、資金が集まりすぎたことで大型株に投資せざるを得なくなりました。結果的に本来ファンドマネージャーの藤野氏が得意とする、超小型バリュー株投資を実践できなくなり、市場平均と同様のリターンになってしまっているのです。

他のファンドも大抵は低PERや低PBRの銘柄に投資をするというものばかりで、次項でお伝えするような伝統的なバリュー株投資を実践している投資信託は存在していないのです。

真のバリュー株投資ファンドとは?

元来、バリュー株投資というのはウォーレンバフェットの師であるグレアムによって生み出された概念です。

彼は安直に指標に頼ることなく、企業の財務諸表を精査して再現性の高い手法で高いリターンを叩き出していました。

 

彼の投資手法は市場から考えられない程割安な価格で放置されている銘柄に対して投資を行います。

株価は短期的には本質的な価値からは乖離するが、長期的な株価は本質的価値に収斂するため株価が本質的な価値に戻る過程で利益を獲得するという手法を実践していました。

詳しい手法については込み入っていますので、以下の記事でお伝えしています。

【ネットネット株とは?】ベンジャミン・グレアムが編み出した本格的なバリュー株投資手法をわかりやすく解説する!

 

グレアムが開発したネットネット株は探すのが困難なのと、長期間割安に放置される可能性があるという欠点が存在します。

そこで、筆者は東大の先輩が立ち上げたBMキャピタルというファンドに投資することで上記二点の欠点を克服しています。

 

BMキャピタルは独自に保有するシステムでネットネット株を大量に購入します。ネットネット株は市場から注目が集まらない小型株なので大株主になることができるのです。

大株主になることで「物言う株主」として能動的に経営や株主政策に対して意見して、株価を引き上げる活動を行なっているのです。

 

結果として、市場が下落する局面でも立ち上げから過去7年間、一度も下落することなく年率10%程度のリターンを叩き出してくれています。

 

日経平均株価とBMキャピタルの推移の比較

 

今後、更にバリュー株相場回帰で高いリターンを出すと考えています。まさに「今買うべきファンド」ということができるでしょう。

以下で詳しく解説していますので参考にしていただければと思います。

 

長年の安定実績が評判のBMキャピタルについて長期投資家目線で徹底解説!!

 

まとめ

コロナショックからの株価回復局面でグロース株が急激に上昇しました。

しかし、金利は既に下限に到達し、株価が既に高くなっているので今後のグロース株については不透明性が高くなっています。

 

一方、バリュー株は未だに割安な水準であり、元来バリュー株の方が高い成績を残していることから今後はバリュー株相場に回帰することが見込まれます。

ただ残念なことに日本の投資信託には魅力的なバリュー株投資信託は存在しません。しかし、投資ファンドという括りでみれば日本にも本格的なバリュー株投資を実践しているファンドも存在しているのです。

 

筆者が投資している投資ファンドを含めて以下ランキング形式でお伝えしていますので参考にしていただければと思います。

おすすめ投資先ファンド -BEST 3-

2020年から投資先としておすすめできるファンドを収益性・安定性・将来性の観点から、ランキング形式で紹介しています!

参考にして頂ければと思います!

2020年最新ファンドランキング

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「いい会社」に投資で評判の鎌倉投信「結い2101」を徹底評価!「ひふみ投信」等の...

売れ筋投信の毎月分配型投信の比率

投資信託の失敗談の典型!?金融庁も危ないと指摘する毎月分配型投信の罠についてわか...

コモンズ30ファンドと独立系投信の比較

コモンズ投信のコモンズ30ファンドは評判通りのファンドなの?成績や手数料を含めて...

NO IMAGE

投資信託は儲かるって本当!?大損しないための投信の選び方を含めてわかりやすく解説...

VGTとQQQろグローバルロボティクス株式ファンドとの比較

日興アセットマネジメントが運用する評判の「グローバル・ロボティクス株式ファンド」...

ジェイリバイブ(SBI中小型割安成長株ファンド)

【ジェイリバイブ】高リターンで評判のSBI中小型割安成長株ファンド(愛称:jre...