【ゼウス投信】投資信託「新光US-REITオープン」は高分配利回りだが長期投資には適さない!?

新光US-REITオープン(通称:ゼウス投信)は人気の投資信託です。ゼウスといえば、ギリシャ神話の最高神であり仰々しい名前の投資信託となっています。

ゼウス投信は高い分配利回りが評判をよび人気の投資信託となっています。しかし、本当に魅力的な投資信託といえるのでしょうか?

 

本日はゼウス投信がそもそもどのような投資信託であるかという点を紐解いた上で、ゼウスが抱える問題点についてわかりやすくお伝えしていきたいと思います。

ゼウス投信はどんな投資信託

まずゼウス投信はどのような投資信託かを見ていきましょう。

ゼウス投信は米国REITに投資をする投資信託

投資信託は投資対象を選択します。

ゼウス投信は米国のREITに分散投資をする投資信託です。

 

ゼウス投信の仕組み

参照:アセットマネジメントワン

 

そもそもREITとはどのような商品なのか分からない方も多いと思います。REITは不動産投資信託の英語名であるReal Estate Investment Trustの頭文字です。

REITは投資家から資金を集めて様々な不動産を所有して運営する投資信託です。投資家には賃貸料収入や売買益から管理費等の経費を差し引いた利益を分配します。

REITでは利益の90%以上を投資家に分配することで免税となるので分配利回りが高くなるという特徴があります。

REITのメリットは以下です。

  • 少額から投資が可能
  • 自分で購入すると大口の不動産に分散投資が可能
  • プロにより物件選定と管理を行ってもらえる
  • 通常流動性が低い不動産なのに高い換金性がある

 

ゼウス投信の業種別比率

以下は2020年8末時点でのゼウス投信の業種別構成比率です。

ゼウス投信の業種別構成比率

参照:ゼウス投信

 

業種 比率
インフラストラクチャー
通信基地局鉄塔やエネルギー関連
21.1%
住居 15.4%
データセンター 12.2%
産業施設 9.8%
医療施設 8.5%
オフィス 7.4%
商業・小売 7.3%
特殊施設 5.0%
森林 3.9%
複合施設 3.4%
ホテルレジャー 3.1%
貸倉庫 2.9%

 

住居やインフラストラクチャーは景気に左右されにくい銘柄群となっています。商業・小売やホテルレジャーなどの景気に敏感な業種の組入比率が少なくなっています。

 

ゼウス投信の構成上位銘柄

以下は2020年8末時点のゼウス投信の構成上位銘柄です。インフラが上位を独占していますね。上位10銘柄で約半分をしめており占有率が高くなっています。

銘柄名 業種 構成比率
アメリカン・タワー インフラ 9.2%
クラウン・キャッスル インフラ 9.1%
SBAコミュニケーションズ インフラ 5.9%
エクイニクス データセンター 4.6%
インビテーション
ホームズ
住居 3.9%
UDR 住居 3.6%
ベンタス 医療施設 3.6%
ヘルピーク・プロパティーズ 医療施設 3.2%
ウェアハウザー 森林 2.7%
ベリート 複合施設 2.6%
上位10銘柄合計 48.4%

 

構成第一位のアメリカンタワーは米国内外で無線通信基地局用の鉄塔などを保有・運営するインフラREITです。

第二位のクラウンキャッスルは米国内で無線通信基地局用の鉄塔やスモールセルと呼ばれる小型基地局を保有・運営するインフラREITです。

つまり、上位2銘柄(約18%)は無線基地局用の鉄塔を保有・運営しているREITに投資しているということですね。

高い購入手数料と信託手数料

投資信託には購入時に購入手数料が発生し、毎年信託手数料がかかってきます。

→ ヘッジファンドの成功報酬型手数料体系を投資信託と比較しながらわかりやすく解説する!

 

ゼウス投信の購入手数料は3.3%で、信託手数料は年率1.683%となります。この水準は投資信託の中でも非常に高い部類となります。

1年目には5%もの手数料が発生してしまうのです。これだけの手数料分を取り返してリターンをあげるのはなかなか難しいです。

高すぎる分配利回り

ゼウス投信といえば高すぎる分配利回りで有名です。現在、ゼウス投信の月間分配金は25円となります。つまり年間分配金は300円ということになりますね。

2020年9月現在の基準価格約2000円をベースにした分配利回りは15%ということになります。

 

確かにリートは高分配利回りですが、ゼウス投信が投資しているREITから得られる分配金は3.4%です。

投資対象から3.4%しか分配金を受け取っていないにも関わらず、15%の分配金を支払っていることになるのです。

つまり、差の11.6%分に対しては元本から分配金を支払っている特別分配金ということになります。

 

特別分配金

投資家はゼウス投信から高い分配金をもらっていると勘違いしている方も多いと思います。しかし、実際は自分が預け入れた投資元本から分配金が支払われているのです。

特別分配金を受け取っているということは、投信に高い手数料を支払いながら、ただお金を引き出しているという行為と同じになります。

以下、特別分配金の罠についてお伝えしていますので参考にいしていただければと思います。

→ 投資信託の失敗談の典型!?金融庁も危ないと指摘する毎月分配型投信の罠についてわかりやすく紐解く!

 

ゼウス投信の成績・利回りは?

では重要なゼウス投信の成績について多面的に見ていきましょう。

ゼウス投信単体の成績

以下はゼウス投信の成績です。分配金を税引前に再投資した基準価格は青色となります。

ゼウス投信のリターン

参照:アセットマネジメントワン

 

分配金を再投資し続けていれば2004年時点から考えると現時点で約2倍となっています。16年間で2倍というと凄そうに思いますが、年率4%-4.5%の水準となり平均点以下の成績となっています。

 

また、あくまで青色は税引前の配当金再投資したベースでのチャートです。実際には配当金を拠出した時点で20.315%の税金が差し引かれます。

つまり青色のチャート通りの成績を叩き出すことはできないのです。

 

ゼウス投信は米国リートや米国株の成績に劣後

同じ期間の米国REIT米国株のチャートは以下です。米国REITはどう期間で3.7倍となり、米国株は4.4倍となっています。

ゼウス投信が税引前分配金を再投資したベースでも2倍にしかなっていないことを考えると大きな差ですね。

米国REITと米国株

ゼウス投信はアクティブ型投信ですが、平均的な成績を叩き出すことすら出来ていないのです。

→ 投資信託は儲かるって本当!?大損しないための投信の選び方を含めてわかりやすく解説する!

 

まとめ

ゼウス投信は米国リートに投資する投資信託です。

ゼウス投信は投資先から得られる分配金が3.4%であるにも関わらず、15%という過剰な分配金を拠出しています。結果的に高い手数料を払って投資元本から分配金を引き出すという結果になっています。

また、肝心な成績も米国REIT指数や米国株指数に劣後する成績となっています。投資するべきではない投資信託といえるでしょう。

長期的な大きな資産を築きたいという方は、以下で筆者が投資をしているファンドを含めて紹介していますので参考にしていただければと思います。

おすすめ投資先ファンド -BEST 3-

2020年から投資先としておすすめできるファンドを収益性・安定性・将来性の観点から、ランキング形式で紹介しています!

参考にして頂ければと思います!

2020年最新ファンドランキング

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

売れ筋投信の毎月分配型投信の比率

投資信託の失敗談の典型!?金融庁も危ないと指摘する毎月分配型投信の罠についてわか...

【セゾン投信】全世界の株式市場に投資できる評判の投資信託「セゾン資産形成の達人フ...

NO IMAGE

評判を集めるが近年相次ぐ暴落を経験し成績不調に喘いだ「ひふみ投信」を徹底評価!「...

VGTとQQQろグローバルロボティクス株式ファンドとの比較

日興アセットマネジメントが運用する評判の「グローバル・ロボティクス株式ファンド」...

評判の世界経済インデックスファンドはおすすめできる?株式シフト型を含めて徹底評価...

健次の投資対象

投資信託の健次とは?評判のグローバルヘルスケア&バイオ投信の2020年以降の見通...