CATEGORY:新興国株式投資

新興国株式投資~おすすめの新興国への投資指針~

このページでは過去のアメリカや日本のように今後圧倒的な成長が見込まれる新興国株式市場の魅力と投資する際に注意するポイントについて纏めております。

→ 新興国経済の現状の課題と今後の見通しを確認する!中国減速、債務の積み上がり、資源価格下落を乗り越えられるか。

→ 新興国株投資の今後の見通しと必要性をわかりやすく解説!先進国低金利環境・資源価格の底打ちに加え依然割安な魅力的市場環境。

→ 新興国への株式投資で儲けるために絶対におさえておきたいポイント!注意点と狙うべき新興国を徹底解説!

→ 新興国株式に投資する際に抑えておきたいリスクとは?株式市場が全体的に下落する状況を新興国危機事例をもとに解説!

新興国の分類

新興国と一括りでいっても、具体的にどのような新興国が今後伸びていくのか、株式投資を行う妙味があるのかを考えないといけません。

魅力的な市場であっても既に市場が織り込んでおり株価が上昇しきっていれば、投資妙味があるともいえません。

これらを総合的に勘案する為に、私は以下のような成長力と株式市場の割安度という観点で新興国を分類しました。

おすすめの新興国投資

①成長力が低く割高な新興国

最も投資妙味が低い新興国といえるカテゴリーです。この成長力というのは現在の成長率ではなく、今後の成長の見込みです。

経済成長を行うから、企業が成長し株価が上昇していくので、成長力は最も大事なファクターです。

このカテゴリーに分類される代表的な新興国は中国です。人口ボーナスは終了し、様々な問題を抱え今後成長が失速していくことが見込まれるからです。その他の国についても纏めていますので参考にしてみて下さい。

→ 中国経済は崩壊間近?2018年からの暗い見通しー既に人口ボーナスは終了ー

→ 中国経済は崩壊間近?2018年からの暗い見通しー過剰投資・過剰債務・過剰労働力ー

→ 既にある程度成長しているタイへの株式投資はおすすめできる?人口動態も尻すぼみで中国への依存度の高い経済構造。

→ シンガポールの株式市場は既に先進国の様相!本当におすすめできる新興国株投資手法とは?

②成長力は高いが割高な新興国

現在のASEANのように人口ボーナスの真っただ中で成長力が非常に高い国々です。ただ以下に纏めております通り、減速必至の中国への依存度が高いこともあり注意が必要です。

→ ASEAN(東南諸国連合)の成立過程と高い成長率!今後伸びるCLMV諸国とは?

→ ASEAN(東南アジア諸国連合)は人口増加・中間層の拡大による内需拡大が魅力!しかし中国への依存度の高さが懸念点。

このカテゴリーに分類される国は、株式市場が外国人にもオープンにされている為、将来の成長を織り込み株価が魅力的な水準ではない点に注意を払う必要があります。

→ ベトナムはCLMV諸国の雄で魅力的だが株式投資はバブル気味でおすすめできない!高いPERと連動しないETF等の問題をわかりやすく解説する。

→ インドネシア株式市場の魅力と注意点 〜おすすめの新興国投資はどこ?〜

→ マレーシア株式市場への投資の魅力と注意点!新興国の株式投資で成功する為のおすすめの方法を徹底解説。

→ フィリピン株式投資は既に割高水準でおすすめできない!魅力的ゆえに脚光をあびる新興国の罠。

→ インドの株式市場はなぜ魅力的なのか?人口ボーナスや高い知的な人的資源が整い成長加速の基盤がある魅力的な経済。

→ インドの魅力を国際収支・財政収支・政治の側面から紐解く!安定したモディ政権の元、改善が予定される財政収支と加速する成長。

→ インド株式投資は非常に魅力的だが既に割高!新興国株の本当におすすめの投資方法を解説する。

③成長力が低く割安な新興国

このカテゴリーに分類される代表的な国はロシアです。いくら成長力が高くても今後の成長力が低いと、企業業績の向上を伴った株価上昇が期待できないので、魅力は薄いといえるでしょう。

→ ロシア成立までと苦難の道のり。復活に向かっているロシア株式市場は検討余地あり?

→ 人口増加期ではなく産業がエネルギー偏重であるロシア経済。金融政策の面では追い風だが魅力的なのか?

→ ロシア経済・財政は魅力は薄いが割安な株式市場はおすすめできるのか?本当に魅力的な新興国を紹介する。

→ 【BRICS】低迷するブラジル経済を分析!資源価格の下落と汚職が蔓延する政治。

→ 【BRICS】ブラジル株式投資の魅力と注意点を徹底解説!高い債務比率と不透明な政治情勢が長期的に重し。

④成長力が高く割安な新興国

今後成長力が高いにも関わらず、株価が割安に放置されている新興国こそ真に投資する妙味が高い新興国となります。

そもそもそんな国あるの?という疑問を持たれると思うのですが、このような国は株式市場に外国人投資家の参入が困難な市場に分かれます。

このような新興国は株式市場が出来たばかりで黎明期の国が多いです。例えば以下のような国です。

→ 成長著しいラオスの株式市場は黎明期で投資環境が整っていない!CLMV諸国の魅力と罠をわかりやすく解説。

→ 高い成長継続が見込まれるミャンマー株式投資!カンボジア同様株式市場が未発達で現状はおすすめできない!?

→ カンボジアへの株式投資はおすすめできるのか?今後成長が期待される一方株式市場は未発達。

然し、このような国は株式市場が未成熟で、上場している数も五社程度で、とてもまだ理論に基づいて投資が行えるような環境がありません。

しかも、投資する為には自分で現地の証券口座を開設するしかありません。

本当に魅力的な国は、ある程度市場も成熟しているにも関わらず、まだ外国人が参入できておらず、今後流入が増加していくことが見込まれる市場です。

このような条件が合致する国として管理人はイランを挙げています。イランは2016年1月まで制裁を科されていたため、まだ本格的に海外からの資金が流入しておらず、PERはなんと主要銘柄でさえ4倍~7倍という低水準に抑えられています。

そんなイランの魅力と投資する方法については以下に纏めておりますので、参考にしてみて下さい!

→ 新興国株式への投資の中でも、イラン株への投資が特に熱い理由を詳しく解説する

→ 続・イラン株への投資の魅力をわかりやすく紐解く!圧倒的低PER・20%以上の高配当利回りが並ぶ魅力的な株式市場。

→ 今イラン株式市場への投資が特にあつい理由をニュースを元に解説

→ イラン株に投資する際に抑えておきたい政治的なリスクをわかりやすく解説!制裁解除でいよいよ投資環境が整う株式市場。

→ イラン株に投資する際に抑えておきたい経済・財政的なリスクを押さえておく!中東最低の石油収入依存度と内需中心の成長が見込める。

→ イラン株投資・株式市場の魅力を個別銘柄(MTCI)を用いて解説

→ イラン株投資・株式市場の魅力を個別銘柄(IMPS)を用いて解説

→ 【新興国株投資】魅力的なイラン株に投資をするのはどうすれば良いのか方法を説明する。

→ 米国のイラン核合意離脱は大チャンス!!イラン株投資における米国制裁の影響を徹底解説

新興国ETF、ファンドランキング

その他

その他、新興国投資を行う際に注意したい点や気になる点について以下記事に纏めております。

→ 新興国株式投資でETFや投資信託をおすすめできない理由~どうすれば一番儲かるのか~

→ 日本で発生する可能性のある預金封鎖の対策としての海外投資の必要性を解説する

→ 新興国株式投資に為替ヘッジが必要なのかを解説!新興国投資における、おすすめのリスク管理指針をわかりやすく解説する。

→ 本当におすすめの新興国株式投資とは!?パキスタン株式市場を例に説明する。

→ 2018年海外株式・おすすめ安定投資!優良株でとにかく高配当はどこの国に?

→ 評判のVWO・EEMのような新興国インデックスETFはおすすめなのかを分析!構成国が既に成長力を失っている国ばかり?

→ 世界経済インデックスファンドを徹底評価!世界の株式・債券に分散投資できる投資信託の魅力と欠点を紐解く。

おすすめ投資先ファンド -BEST 3-

2019年から投資先としておすすめできるファンドを収益性・安定性・将来性の観点から、ランキング形式で紹介しています!

参考にして頂ければと思います! ☟クリック