【最新版】おすすめ投資先ランキング BEST3!ヘッジファンドを使って市場平均を出し抜こう!

資産運用を行う必要性が年々増してきています。

実質所得は下がり続け、社会保障費も増大している現代の日本においては自助努力によって資産を形成する必要があります。

 

資産を構築する上で最も重要なのは、大幅な下落を免れることと持続可能なことです。仮想通貨のような投資対象は投機であり継続的に資産を増やすことには適していません。

例えば1000万園の資産が50%下落して500万円になったとすると、元本を回復するためには100%上昇しなければなりませんからね。

大切なお金だからこそ安全に運用して老後の資産とすることが重要となります。

 

以下では実際に筆者も投資ている投資先を含めて、安定して高いリターンが見込める投資先をランキング形式でお伝えしています。

第1位:BM CAPITAL

総合:96点 幾度の暴落にも負けずに創設以来7年間一度も下落することなく安定運用を実現。ファンドマネージャーは東大卒の外資系金融出身者で腕は確か。
収益性:90点 年間10%近い利回りを継続的に出しており、収益性としては申し分ないレベルにあると言える。日経平均が横ばいの期間でも収益を出している。
安定性:100点 バリュー投資とファンドマネージャーの相場観によって安定性は非常に高い。2018年度にTOPIXが▲17.9%暴落した局面や、2020年コロナショックで30%近く暴落する局面でも資産は下落せずに推移しており安心感は抜群。
将来性:95点 ファンドマネージャーの若さや才覚も充分であり、今後が期待できるファンドといえる。

↓公式問い合わせページへ

2015年から筆者が5年以上実際に投資しているファンド。

東京大学の先輩がファンドマネージャーということもあり縁があって出資することとなりましたが、5年間一度も下落することなく安全に運用してくれている。

今回のコロナショック下でも日経平均やTOPIXが30%近く下落する局面においても無傷で乗り切っています。

 

👇👇👇
BMキャピタルの詳細説明ページ

 

BMキャピタルはヘッジファンドという形式なので、ひふみ投信のように自分で問い合わせを行なう必要があります。

実際に問い合わせを行なって営業員から話を聞いて、投資の是非を検討してみるのがよいでしょう。

 

↓公式問い合わせページ

第2位:トータスパートナーズ

総合点:85点 中小企業の廃業という社会問題も解決することを目的ともしている社会派ファンド。安定した収益を上げている未上場企業に投資を行い経営改善をおこない収益性を高め企業価値を引き上げた上で売却することで利益を獲得する。
収益性:80点 未上場企業へ投資するファンドをPEファンドというが、年率で安定して10%程度のリターンが期待できる。運営開始から1年程度で実績が少ないことが懸念点ではあるが、今後に期待。
安定性:85点 上場していないため、株価暴落の影響を受けにくいが売り先が見つからないというリスクはある。
将来性:90点 社会問題会解決が期待できるため、今後の将来性もますます期待できる状況。

 

トータスパートナーズの詳細
トータスパートナーズの公式

 

第3位:セゾン投信

総合点:75点 世界の株式市場の上昇の恩恵を受けることができるファンドで平均的なリターンを狙うことができる。
収益性:70点 収益性は年率5%程度のリターンを長期であげているがブレ幅は大きい。
安定性:75点 コロナショックのような世界的な危機発生時には基準価格が大暴落する恐れがある。
将来性:80点 世界経済の平均的なリターンにベットすることが出来るので将来性は高い。

↓公式ページへ
投資信託|セゾン投信

 

以上、投資ファンドランキングでした。

おすすめ投資先ファンド -BEST 3-

2020年から投資先としておすすめできるファンドを収益性・安定性・将来性の観点から、ランキング形式で紹介しています!

参考にして頂ければと思います! ☟クリック

 この記事へのコメント

  1. 暇人間(仮名) より:

    ワタルさん
    有意義な記事をありがとうございます。
    エクシア、レオス・キャピタルワークス、ベイビュー・アセット・マネージメントを日本のトップレベルとする意見もあります。例えば、BMキャピタルとエクシアを比較したらどんなものでしょうっか。単なる成績で比べれば、エクシアの方が優位のようにも思えます。
    ご意見をいただければ幸いです。

    • ワタル より:

      エクシアジャパンについてはFX運用ということで投資は行なっていません。何故なら私はFXトレーダーとしての経験もあり、FXで長期的に勝つのが非常に難しいことを肌で知っているからです。FXはゼロサムゲームであり、情報の集積する銀行や資金力のある機関投資家に有利なように設計されているからです。一方、BMキャピタルは株式投資で確固たる投資手法で運用されている点を高く評価しています。2020年の暴落も無傷で乗り切っていることから安心できる投資先として信頼感がましています。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【2020年・安定ハイリターン】暴落にも強い、日本のおすすめヘッジファンドをラン...

ヘッジファンドの成功報酬型手数料体系を投資信託と比較しながらわかりやすく解説する...